« ムギマキ | トップページ | 纏めて »

2005年11月 3日 (木)

オオハクチョウ

 11月3日 曇

但馬地方

鳥さん::チョウゲンボウ、ハヤブサ、ミサゴ、ノビタキ、ホオアカ、放鳥コウノトリ、八五郎&オオハクチョウ。

 神戸に来た時から数ヶ月に一度は但馬地方に・・・・理由は鳥見にこじつけてるが・・ある懺悔の気持ちも・・・

 今日も出掛けた、目的はタゲリ、八五郎、先ずは田んぼから ナアンにも見つけられず、電柱が並んでいてセイタかアワダチが咲いてる処でヤット鳥さん、セイタカの上にはスズメ、ノビタキ&何かが

 電柱のにはチョウゲンボウ、カラスそしてハヤブサ、猛禽の季節になったのかァの実感。

郷公園に行ってみた、目的は八五郎が今何処に出っ張っているかを知りたいため、案内所に行く前に不本意な放鳥を撮ってアンケートを書いた。

 上げ膳据え膳のお嬢さん達を幾ら「コウノトリの住む街に」と行っても一朝二夕には行かないだろう、根気、待つ、自然に任せる気がなければ・・・

 前回の八五郎の場所にとりあえず行ってみた、なんとそこにはニュースで云ってた由(テレビも新聞の見ない人・ニュースは人が教えて呉れた)のオオハクチョウ家族5羽が・・・早速撮った、後は観察しながらシャッターを押した。「んんっつ」なぜか一羽の幼鳥は離れた処に、仲間に近付こうとすると親鳥に、そして時には子供の鳥にも・・なんでかな白鳥は家族で移動と聞いていたのに・・・・まあ元気なので・・・後は考えてしょうがないか

 慣れてる、パンをやりに来た親子が居たがそのパンも食べてた・・・

 やっぱ八五郎を撮りたくって、なんか、センター前の田んぼで数台の車、走ってく先に八五郎、横付け、撮ろうとして窓を開けると飛んだ、行く先を見届けながらトビモノ、

 センターだった、数人のカメラの人と歓談しながらトビモノ、止まりモノを撮った、

郷公園の放鳥と八五郎のお見合いの日は有るのだろうか?oohakud53329_t oohakud53535_t hatid53654_t

|

« ムギマキ | トップページ | 纏めて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ムギマキ | トップページ | 纏めて »