« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月27日 (金)

池・川・田んぼ巡り

 今期は小鳥さん少ないと云われている。未だ赤い鳥、青い鳥、紋の入った鳥さんとの出会いも無いか有っても数回程度、ツグミなんかは未だお目にかかれてない。

 それに重い機材を肩に担いで歩かなければならない、その点車なら楽だ、一眼でもデジスコでもいける。眠くなれば寝、退屈すれば本を読むなり、FMを聞けばいいのだ、第一はやっぱ一人になれることだろう。

 今回はシロ絡みの画像・・・お魚見に熱が入って鳥見に行ってないので、過去の画像から・・

hoojirod59938_m ojirod50018_m daisagid59947_m herad50056_m

               

                               

                           

 何時もなら鳥見に出かけてる時間だが、今日もお魚見をしようと思ってる。時間調整、無闇に行ってもいい台に座れるかは判らない、3~4時に行くのがベターなこと経験から、

 鳥見は日月、泊りで・・・・何処に?は未だ、行ってあの鳥、この鳥を絶対に撮りたいって気持ちも無い、行くのが目的かもしれない。

| | コメント (0)

2006年1月25日 (水)

水場

 横文字で表記するなら、バードバス・・・そおおです、鳥さんのお風呂・・

毎年富士山に行ってたが近年、関西にも有ることを知った。本県にも在った。我の場合、距離よりも費用の方が気になる性質なので、本県のは魅力的だが、でも時間を掛けて作り、来る鳥さんを楽しんでる人のことを思うと山梨、長野に留めて置くべきかなと思った。抜け駆けをする人がいるかも知れない否居たのである。でもあのお地蔵さんは「困ったなぁ~」と思いながらも別に何も言わない、途方に呉れるかも。チョット話をしながら撮らせてもらった、自分のことの様に喜んでくれた。

でもって、人様の邪魔をしたくないので我は行かないと決めた。お地蔵さん、ありがとうでした。

kikud59838_m kikud59835_m enagad59884_m ojirod59758_m

|

2006年1月24日 (火)

キクイタダキ

kikud59274_m 片目開いたかな?                             

kikud59399_m オレンジ色がチョッピリ

| | コメント (0)

なんでしょう?

ojiro2d59420_m                                                                                                                                             

ojirod59388_m

| | コメント (0)

2006年1月22日 (日)

オオハクチョウ

 なんかきな臭い状態、行けども行けども鳥さん撮れない。昔撮影料出せ、出さないの池に行ってみた、序でに周辺も・・・コメント無し、画像のみ。

herad58980_m

karasuw70147_m

お目ぇ達、何考えてんだ?oohakud59075_m

| | コメント (0)

2006年1月17日 (火)

エナガ

 ひょっとして、ミヤマが見られるのではないかと思って行ったが・・・兄計らんや、弟枡持って来い!状態。

enagad58458_m joubitakid58428_m karugamod58499_m

|

2006年1月15日 (日)

コミミ

 事の発端は、九州から帰りに寄ってみて午前中粘ったが、鳥さんもバーダーさんも居なかったの記事だった。地元のバーダーさんからのレスで行ってみた、計何回行ったかなぁ~。

komimid57405_m

komimid57442_m komimid57927_m komimi2d58050_m

|

2006年1月10日 (火)

ヤマセミ

 神戸市の北に、ヤマセミをみに行った、ここは居ることは居るのだが、出会う確率は少ない。

上流部、居ない、下流部にも居ない。橋を渡ってると右後方から飛び出した、そして川原に下りた。車を道端に留め、橋に行き双眼鏡で眺めると川原から飛び、木の茂みに、探したが見つけることが出来ない。ふっと、上流の木を見ると一羽留まってる。さっき見た時には居なかったのに????

川原に下りて岩にとまり、盛んに鳴いている。遠い、横を見ると草木に踏み跡があった、三脚を担いで踏み跡に入ってみた、ツルが絡んで歩くのも難渋、でも大きく撮りたくって入った人が居るのが推測された、もうこれ以上は入れないところ、でも小さいがスコープの倍率を高くして撮ってみた。

 下手から一羽が茂みに飛び込んだ。お互いに鳴き交わしている。まあ邪魔をしても悪いと下がった。道具を仕舞ってしまった時、1羽が川面を下流に、木に止まった。一応行って見た。低い枝に止まってた。窓を開けると飛ばれた、これまでと思い帰路に。yamasemid57278_m yamasemiw79291_m yamasemiw79334_m

| | コメント (0)

2006年1月 9日 (月)

オシドリ・トモエガモ

 早朝未だ暗いうちに宿を出た、道は凍っていた、特に橋の上なんかは良くお尻を振った、道路の気温計はマイナス3度を表示してた、40キロ程でソロソロ、高速道路でも50キロをキープ、安全を確認して初めて60、70、80キロとスピードを上げた。米子市に入った頃には通常で走れた。水鳥公園に、少ない。地元の人が話しかけてきた、様子を尋ねるとあまり芳しくない。桟橋に行くと餌を撒いてるので集団が見られるとの事なので行ってみた、確かに凄い餌の奪い合い、折り重なってる、でもオナガガモのみ、薄氷が張ってる、時折一斉に飛び立つが直ぐに戻り餌の争奪戦。500ではその情景は撮れない。コハクの写真を数枚撮って開館時間まで待てそうにないので次に。

 道中脇には雪が残ってたが走る道には雪が無く、通常に走れた。小屋に入った、オシドリは対岸に、中ほどの石にもチラホラ、遠い、デジスコ距離、両方で撮った。時たま近付くのがいるのでそれは一眼で、対岸ものはデジスコで、トモエを見付けた、昨日入った由。

こ一時間ほどいたが同じ様な画像を撮ってても仕方が無いので帰ることに、係りの人の話では3時過ぎには餌を食べるために近付くとの事だったが、間が持ちそうに無い、諦め帰路に。

 加西に寄ってみた、コハクは20羽程、他の池に行ってる由、写真を撮る気にもならない、暫く眺めた後帰ることに。

kohakud56887_s osidorid57034_s osidorid57063_s osidoriw79146_m tomoed57087_s tomoew79111_m tomoew79125_m

| | コメント (0)

2006年1月 8日 (日)

カリガネ

 夜明けが遅いので7時からの朝食を宿で摂った。それから準備し昨日の情報に基づいて河口に行ってみた。中州にはマガンが終結してた、未だ写真を撮れる明るさではない、スコープで眺めるのみ、その内一羽二羽又は集団で飛び出し始めた。2/3が飛んだ処で田んぼに向かった。

 今日はカリガネを探す日、小集団から双眼鏡でながめ、これと思うとスコープで確認、「居たッ」スコープで確認し、カメラを付けようとしたらスコープが動いてしまった、ロスト、幾ら探してもみつからない、諦め次の集団に。今度はスコープはそのままで一眼で押さえた。よく動く、目を離すとロストしそうなので一眼のままで追った。動きが止った処でデジスコ。

 コハクチョウが飛んでるのが見えた、目で追った、降りた。近付いてみた。未だ警戒状態、頸を伸ばして辺りを見回している、隣の田んぼではマガンがしょっちゅう飛び立ち着陸を行ってる。暫し待って写真に。

 対岸の田んぼも見ることに、雪が解け始め田んぼのアチコチに水溜りが、タゲリ、タシギ、ヒバリ、トウネン、ハマシギが出てた、特にタシギの数が多かった、雪が一面の時には全く見えなかったのに。

 もう一度カリガネ捜索、マガンの集団は段々大きくなって行く、探し辛い、ヤット見付けた。がマガンが何に反応したのか一斉に飛び立った、又してもロスト、諦めて宿に、

 持って行ってるノートPCの容量は20GB,Dでは10GB,一日に撮るバイト数は6~7GB,だから移さなくっては直ぐ満杯になってしまう、最近はDVDも持参、寝る前に転写セットしてから就寝。

kariganed56446_s kariganew78758_s kariganew78923_s kohakud56561_s_s tagerid56587_s tasigiw78878_s maganw78728_s maganw78914_s magand56246_s magand56769_s

| | コメント (0)

2006年1月 7日 (土)

コハクチョウ

 大雪警報がでてた、日本海側は大雪になるとの由、でもこちらは違った、神戸から見ると北西にある市の池のコハクチョウが来てるとの事で出掛けた。数は数えなかったが相当数が見られた、良く飛んでもくれた、池の端に行き、池を斜めに助走し飛び上がる池の上空を一回りしまた池に戻ってくる。一羽の時も有れば、数羽の時も又は10羽以上の集団でも飛んで呉れた。暫く飛翔にシャッターを押し続けた。

 夜中に走る積りだったが、何気なく目的地をインプットしてみると到着14:00時と出た。急に行く気になった。コハクチョウは終わり、と車を中国道にいれた、米子道でタイヤチェックが有ったものの、スタッドレスタイヤだったのでそのままパス。道路上には走行車線側には雪は無かった、追い越し側に少し残ってた。チェエーン車がのろのろ走るので一気に追い越し側の雪の上を四駆にして追い越す、後は勢いで80キロ位で走った。

 現地着14:30・・・・捜索開始、農道には雪が残ってた、新しい軌跡を付けるのは気分のよいものだ、でも居ない、飛んでも居ない。急に不安になった。帰りたくなった。

グリーンパークに行き様子を尋ねる、ボードには2400羽、係りの人、この数字は年末のもの、先日は2900羽以上が確認された、カリガネは3羽から4羽。教えられた場所を数箇所捜索、居ない、諦めかけた頃、見付けた。なんだこんな処で、何時もの場所より国道側だった、深く入りすぎていたのである、マガンを撮ってカリガネは翌日に、と思い宿を撮ることに、近くにあった、3500円と4000円、バス付が4000円とのことなので、そちらを。チェックイン時値段間違ってました、4300円でした・・が4000円で泊めてくれた、ネットも出来ることが判った。夜明け時間を聞き、朝食も頼んだ。(ちょっと量が多かったが・・・500円)、序でにもう一泊と予約。

kohakud545768_s kohakud545852_s kohakud4t5836_s kohakud55822_s magand55901_s magand56050_s maganw78720_s 

| | コメント (0)

2006年1月 4日 (水)

猛禽の出る探鳥地

 さあ~て、陸路で帰った目的の一つにはこの地を訪れかったから、時間調整をしながら走った。僕の速度、70~90キロ、左路線走行、右の車線ではバン、ワゴンが猛スピードで・・・

 多分家族乗せてるんだろう・・・なんで???一時も家に帰りたいのかなぁ~、事故ったら何にも無いのに・・・てな事を思いながら、マイペースの走行。

 干拓地では待ちの姿勢、地元バーダーさんの姿が見えない、川でツクシとハシビロのみ、小鳥(スズメ)も出ない・・・・

 後日判った、地元バーダーさん達は夕方の鳥さんを狙ってるんだと。

実家に戻った、蕎麦食べた、お雑煮食べたの矢継ぎ早の質問、蕎麦食べた、雑煮未だ、

じゃや作るね、5分後には出てた。母90歳、一人暮らし「○○ちゃん、葬儀は兄弟4人でやってね、」「親戚、知り合いはもう彼方」「兄弟4人でやってくれたら、化けてもでないからな!」

用意周到に驚く。そーか、かまけていたけど我も64か!・・・・

あれっつ、画像処理して無いやァ~~

| | コメント (0)

2006年1月 3日 (火)

陸路で

 今日は神戸に帰る日、フェリーを予約してたが・・・断った。高速の八代ICまでは地道・・やっぱ走ってみたい、でフェリーにはキャンセル電話、さ~って時間が余る、どうしょう??

熊本出身の某さんに携帯、ドッか良いとこ無いか?

で高森町に・・・・結果はフィルドに雪があり鳥さん出てこなかった。まあシメが撮れたので良しとしましょう。駐車場に車を止めてまず驚いたのは雄大な景色でした。右に刺々しい山、それに続く左の山々・・・・名前??パンフレット貰っておけば良かった・・・何時もこの調子!

 今日は大々チョンボ、河口にオオズグロカモメが居るとの探鳥地情報を思い出し、行った。居たと思って撮ったのがウミネコだった。

 まあ、僕の鳥見はこんなもんです。

今日の画像はシメとオオズグロと思って撮ったウミネコです。

涙ポッポロポロドットコムです。

simed53t5489_s uminekow7t8459_s

| | コメント (0)

2006年1月 2日 (月)

出水市ツル

 予定では川内市に行ってカワセミ、ヤマセミ等の予定だったが面倒になり又もや鶴に。

西のツル観察館のある方にも行って見たが正面からだと人車が多いので裏から行った。

今日ももっぱら東観察地がメイン、途中で抜けてホシムクを撮りに行った。マナヅルとナベヅルは何処に行っても見られるし撮れるのでクロ、カナダを狙ってみた。

chougenw78451_s hayabusaw78265_s hosimukud53t5075_s hosimukuw78273_s kanadad53t5047_s kurozurud53t5105_s manazurud53t5182_s nabekurod53t5056_s turuw78214_s turuw78390_s

| | コメント (0)

2006年1月 1日 (日)

出水市

 昨夜の雨で今朝は霧が出てた。山の稜線から登る太陽を直に撮ることが出来た。

餌を啄ばむ鶴の集団も霞んでる。今日は鶴が何種類見られるのか、又他の鳥さんはどんなのが見られるのか楽しみながら霧が晴れるのを待った。

 カワセミ(監視員さんが近くの用水に止まり木を設けていた)、コハクチョウ、マガン、コクガン、ゴイサギ、クロツラヘラサギ。鶴は餌を啄ば集団の中にクロヅルが居た由、カナダヅルは近くで撮ることが出来た。

turud15780_s kanadad53t4784_t kanadad534665_s kawasemid534498_s kohakud1t5815_s   

 

kuroturad53t4908_s kuroturad53t4886_s tageriw77878_s nabed544595_s manazurud534544_s

| | コメント (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »